P波・S波・M派

Perfumeやその他の音楽なんかを思いつくままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WE ARE Perfume 何回か観ました

Perfumeドキュメンタリー映画2回観てきました。
1回目は封切初日に新宿TOHOシネマ(でっかいPerfumeのボードあるところです)、2回目は109シネマズ名古屋のレイトショーで。
初観の時は画面追うので精一杯だったのでもう一回観ようと…。

で、その感想を簡単に書き残しておこうと思いましてね、自分の備忘録であります。従って若干ネタバレなのもあるけど、来週あたりで終わるスクリーンも多いからいいですよね。

一応行空けときますね。












冒頭はSXSWのライブビューイングそのものでしたが、全編通じてツアーを丹念に淡々と撮った、という感じでしたね。
事前にメンバーが漏らしていた情報からは、そんなもんだろうという予想はしていましたが、僕が確かめたかったのは次の二つです。
一つは、今後の方向性につながるなんらかのアクションが見られるらしいということ、
もう一つは、ハリセンボン春菜のナレーションが僕が期待しているものかどうか、という点です。
一つ目の「今後の方向性につながるアクション」はNY公演後の打上げの場で、あ~ちゃんから「2年後にマジソンスクエアガーデン2days演ります!」て宣言ありましたね。単なる酔っ払いのおじさん化してた大里会長が「あ~ちゃん、言ったな、おー、やるぞ」ってあ~ちゃんの肩叩いてたのが印象的でした。

大里会長ももう70歳、元気なうちに達成させたいとナタリーインタビューでのあ~ちゃん発言ありましたから具体的な目標宣言したんですね。

もう一つの確認事項であるナレーションの件は、「近藤さん、たいしたもんだ!」に尽きます。事前に情報が流れてなければタピオカのくだりまで気づかなかったのではないかと、そのくらい淡々としたナレーションでした。単なる芸人の域を超えてると思いました。

僕のようなPerfumeファンが観る分には色々な発見や納得もあるこの映画ですが、Perfumeファンじゃない人が観たらどんな感想持つんでしょうか?
ミッション達成の前にアクシデントや壁が立ち塞がってなんとか這い上がる的なモノもなく、アクシデントが起きてるのに普通に乗り越えちゃってるし、観てる観客の感情揺さぶる感じじゃないですもんね。
映画評は意外と辛口かもしれないな。

この映画観て「少なくとももうしばらくPerfumeの姿をみられる」ことは明確になりましたから一安心ですね、東京オリンピックまではなんとかなるかもです。
最後に極々個人的感想を一つ、スッピンののっちさん、なんであんなに佐藤オリエさんに似てるんだろう(笑)

fc2blog_20151115112836131.jpg
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/11/15 11:29 ] Perfume | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

yajioshow

Author:yajioshow
Perfumeに出会ったことが人生最大の衝撃!
まさにターニングポイント。ターンした後の余生がどれだけあるかわかりませんがPerfumeを主に好きなことを勝手に綴って参りたいと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。