P波・S波・M派

Perfumeやその他の音楽なんかを思いつくままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

道楽にはまだ遠い


約一月のご無沙汰でございます。
師走の足音がひたひたと近づいて参りました今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

前回の記事更新から公私ともにめちゃくちゃ忙しくなってしまった…、というわけでも無いのですが相変わらず流浪の旅芸人生活のような日々を送っているわたくしでございます。
駄文な(このあとも駄文だけど)前置きはさておき、11月はほぼ毎週末がライブ通いという有様でして、思い返して見ても、
1日 ZAZEN BOYS
2日 スターダストレビュー
8日 FLiP/テスラは泣かない。
9日 [lifter]/TOY/momo 他
15日 スターダストレビュー
16日 [lifter] /The Tate
22日 ゲスの極み乙女。
23日 赤い公園
28日 ごちそうさまband
29日 空想委員会/赤い公園/Suck a Stew Dry/SUPER BEAVER

とまあ10本も行っておりました。さらに16日にはPerfumeのニューヨーク公演ライブビューイングも行っておりました。
しかもスターダストレビューや[lifter]はツアーとはいえ2回も行ってる…
確かにお気に入りのバンドがツアーやるということになれば複数回行きたいのはファンの心理(と思いたい…)ですからいいのですが。
様々なグループのライブに行ってるなぁと我ながら感心すると言うか呆れると言うか、そんな11月でした。(笑)

収入の一定限度以上をつぎ込んでしまうと、もはや「好き」の領域から生活に支障をきたすレベルに踏み込んで参りまして、これを「道楽」と呼ぶのだろうなとおもいます。
道楽の定義としては「自分の生活の中に仕事とは別に熱中できる趣味にふけり、それを楽しむこと。酒、色ごと、博打などの遊興にふけること。」
ということらしく、今まさにその状態なわけですよね。

僕の考える「道楽」とは、単に金をつぎ込んで熱中するだけでなく人様の目から見ても一目置かれるようなものでありたいな、と思うわけです。

僕の知り合いの方の中には年間三桁を数えるライブに行きその全てをレポという形でブログにあげている方やバンドの支援になるのだからと言ってグッズ購入にも費用を割いている、はたまたライブハウスの経営が傾いてはバンドの発表の場が減ってしまうことにもなるからとドリンクやフードにお金を使う方もいらっしゃいます。
そこまでやって「道楽なんだよね」なんて言えるんじゃないかと。

僕の場合にはライブ通いの頻度が上がってきたのは2年くらい前からで、レポを上げるでもなく、CDやDVDでは味わえない臨場感とハプニングも含めたその場限りの「一期一会」なところが楽しい、という思いで行ってるところがあります。
ただ行ってるだけなんだから、まだまだ「道楽」なんていうのはおこがましいんじゃないかと思うわけです。

元々音楽好きではありましたが、Perfumeに出会うまではコンサート(昔はこの言い方が主流だった)なんて友人と連れ立って行くものでしたし、実際に数回しか行ったことがありませんでした。
それが今では、知り合いの有無にかかわらず単独でLIVE通いするようになれたんですからPerfumeは自分の人生の楽しみ方を拡げてくれた恩人そのものです。(^_^;)

いい年して若者に混じってオヤジがライブハウスに居るっていうのも奇異な光景かもしれませんが、そのうち数年後にはLIVEジジイなんて言われるようになっちゃったりしたらそれこそ「道楽」から「生きがい」に変わってるかもしれません。
来月も数本LIVE予定がありますので、確実にLIVEジジイに向かってますね(笑)

近況報告のつもりがまたまた駄文羅列に終わってしまった(苦笑)









スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/11/30 23:03 ] 散文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。