P波・S波・M派

Perfumeやその他の音楽なんかを思いつくままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4thツアーinDOME雑感2

ご無沙汰しております、前回の更新から早いものでまもなく1ヶ月!
ドームツアーの放映も済んで各誌のレポ記事も多数掲載されてるというのに未だ完結していないだらしなさ、我ながら情けなや~(・_・;

でもまあ、自分のためだからと言い訳して続けましょうかね。

全回の記事を読み返していてドーム型のスクリーンが開いたのは1曲目の終わりと書きましたが、
2曲目のSpring of Lifeは3人が別々の中島ステージで演ったんでした。
間奏部分であ~ちゃんを二人が引っ張り上げるのがあるんですが別々のステージであるにもかかわらず
ピッタリシンクロしてたのを思い出しました。
メインステージ両側の大型モニターでは画面を三分割して写してましたので、あたかも3人が並んで演っているかのようでした。見せ方が上手いですよね。
3曲目のMagic of Loveが始まったところでドーム型の幕(でいいのかな?)が開いてきたのでした。

前回はポイントまでの感想書きましたのでその続きから、

中島ステージで三人別の島でのMCタイムですが京セラ初日だけがあ~ちゃんの金縛りの話(よだれが云々てやつ)が前振りにありまして「ふりかえるといるよ」と続きます。
この曲はCDと印象違いましたね、ズンズン響くというかうまく言えませんがJPNツアーの時の「スパイス」みたいな印象かな。
そして、会場は暗転して「sleeping Beauty」この曲は後半への転換曲になるんですがここで会場外で3Dスキャンした観客を群衆として画面に映し出し、その中から一人をPerfumeがつまみあげると観客席にいる本人が抜かれるという粋な演出。ご本人は抜かれて大スクリーンに映されるなんて思ってないから気がついて大はしゃぎしたりノーリアクションで固まったり気がつかないままだったり(笑)
観客と一体にということでコール&レスポンスや一緒に歌うのももちろんいいんですが演出の中に取り入れちゃうなんてニクいですね。

この曲が終了した後モニタースクリーンに映し出された文字は「PARTY MAKER」会場はもう大歓声の大盛り上がり、そして3人がステージに現れるとそこがスライディングリフト(と僕が勝手に呼んでいる(^ ^))になっていて上下左右に三人バラバラに移動しながらバッキバキにパフォーマンス。2010年東京ドーム公演時のPerfumeの掟やJPNツアー時のJPNスペシャルを進化系させたみたいな印象。

次に三人が現れたのは中島のセンターステージ、白い衣装で「Spending all my time」リミックスver.もちろんプロジェクションマッピングもやってくれましたが前後から投影するのは初めてみました。進化してますねぇ。

曲が終わって暗転と同時に白い衣装を脱ぎ捨てフワッとステージに下に投げた後に取ったポーズは「コンピューターシティ」ステージもせり上がり、続けて「エレクトロ・ワールド」
僕は比較的最近ファンになったのですが、このエレワのコールはアガります、拳だけじゃなくて肩にも力が入っちゃう(笑)

メインステージに移動した三人はクリスマスということでひとしきり何か話して(覚えてません(^^;;)サンタのガウンを羽織りPerfumeカーに乗ってグラウンドを半周しながら「ジェニーはご機嫌ななめ」この辺はお約束みたいなもんですね、サインボールも投げてくれました。

半周した先のホームベース付近には円形のステージがあり周囲に白い飾り付けと端にはローソクのような飾りが…(そうクリスマスケーキだ!)

クリスマスケーキステージで「ワンルーム・ディスコ」もちろん東京ドームではあ~ちゃんの「とうきょうド~~ムッ!」の雄叫びが*\(^o^)/*
メインステージや中島からも遠い客席へも届けたいという思いからの演出なんですね。

そのあとドラえもんの声色で「時間が来たからメインステージに戻りましょう」っていう小芝居(メンバーが日替わりでドラえもんを演ってました)

クリスマスケーキステージからの残り半周は「未来のミュージアム」
京セラ初日はクリスマスケーキステージでなんだかんだで時間をかけすぎて最後は走っても曲が終わるまでにメインステージに戻れないというハプニングがありました。
2日目には十分間に合ってましたから、即修正するところはサスガです。

そしてP.T.A.のコーナー
いつものお約束に加えて煮込みハンバーグ、トナカイ、靴下、ゆっきだるま、なんてやらされて西脇幼稚園の園児そのものですよ。そしてコール&レスポンスからの「だいじょばない」
以前はこの場面ではFake itになることがほとんどでしたが2013年辺りからは、だいじょばないが定番化しつつあるみたいですね。確かにこの曲もアゲアゲですからね、しかも最後にはキックをお見舞いされるというおいしいおまけ付き(笑)

その後は「ポリリズム」に続くのですが、今回は演らないと思っていましたので意外でしたね、しかも曲の後半で中島ステージに移動しながら歌うという演出。歩くステップとテンポがピッタリ合ってそれはみごとでした。
そして盛り上げ曲の最後は「チョコレイト・ディスコ」
何回やってもこれは楽しいきょくですよね、ここで声張り上げちゃうから翌日ガラガラ声やかすれ声になっちゃうんですが、わかっててもやってしまう。
その後MCがあって(これもよく覚えていないんだなもったいない(>_<))

ラストは「MY COLOR」
特にスタンド席から眺めると一斉にパッと手が上がった瞬間は感動的ですらあります。

この後のMCの最後で「それではPerfumeでした。ありがとうございました!」の言葉が…
ご存知の方も多いと思いますがこの挨拶はアンコールが終わって本当に最後にステージを降りる時にする挨拶なのでアンコールなし( ? _ ? )

特に京セラ初日はライブやオフ会でご一緒している方々と思わず「あれ、いつもと違うよね??」と顔を見合わせてしまいました。
会場もなんとなくザワザワしましたが、ハンドクラップでアンコールを促します。
そして、おそらく1~2分ぐらい後に中島の3つのステージから三人の姿が現れ、
「Dream Land」衣装は白背中に羽衣のような羽を纏っています。
そして曲の後半に天井から無数の白い風船が落ちてくる、その中三人はメインステージに向かって静かに歩き始め戻ったところでドームを模した球体が静かに降りきり暗転、球体にはSEE YOU NEXT LIVEの文字が…
「LEVEL3という夢の世界は終わったんですよ」との意味なのか。

4公演ともセットリストも変えず同じ内容でした。
これは僕の勝手な解釈ですが、オープニングの語りの部分(私たちは夢の中にいる…)がLEVEL3物語のプロローグ、MY COLORで本編は終了し、その後という形でdreamlandがエピローグだったんじゃないかと思います。

JPNツアーでは、アンコールに心のスポーツを持ってきて明るく元気良くエンディングを迎え「明日も頑張ろうね」と締めたPerfume。
今回のドームツアーは、「さて夢の世界を終わった3人はその後どこに向かうのか」と余韻を残した終わりにして物語性を高めたのかなという印象でした。


さてさて、やっとドームツアーの感想(らしきもの)を記すことができました。←何ヶ月かかってるんだ(笑)

これからはもう少し更新頻度とレイブレポは早めに仕上げようと反省する今日この頃であります。(^_^;)
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/01/13 01:33 ] Perfume | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。