P波・S波・M派

Perfumeやその他の音楽なんかを思いつくままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロストジェネレーションからのメッセージ

2月19日にWORLD ORDER ツアー2014、Zepp Nagoya に行ってまいりました。当日は平日の水曜日、年末年始出勤分の休日を3月までに振替消化しないといけないので休日にしました。

開場時間に到着すると並んでるのは30人程度、結構風が寒いので隣地の7-11店内で買物がてら待機、開場から30分後くらいに入口に行くとスムーズに中へ、7500円チケットなのにドリンク代とるんかい!(理由は何となくわかるケド)

物販でお約束のTシャツ買って会場内に入ると(今日は2階のA列なので最前列)
あれ?1階にも椅子が…、オール指定席だったのか。だから開場時間にあんまり並んでなかったのか。(なにも考えないでチケット買ってるのがバレバレ…)

WORLD ORDERのライブは、初めて観たのがカウントダウンジャパン1213でのパフォーマンスで、その後去年春の武道館に行きましたのでほぼ1年ぶり。
ライブ終わった後の正直な感想は、「もっとCD聴いたりDVD観ておけばよかった」という予習不足と後悔でした。
そうすればもっと楽しめたわけですから。

音楽とパフォーマンス、映像の融合の素晴らしさに圧倒され感動したことははもちろんですが、途中のMCまでも完璧に計算されたステージ。どこを観ても凄いの一言で、舞台に集中しているので首や肩がガッチガチにコリ固まってしまいました。(瞬きももったいないのでドライアイが進行するし^_^;)

今回のツアー千秋楽が2月25日なのでネタバレはよろしくないと思い記事を公開するのが少し遅くなってしまいましたが(そうは言っても内容あんまり覚えてないし(苦笑))
出色だったのが無音でのシンクロパフォーマンス(?)、しかも同時シンクロではなくて後ろから順にシンクロしていくので他人の振りに合わせることもできないし、余程練習積まないとできないものだと思います。
エアモニター着けていればタイミングは取れますが、須藤さんがヘッドセット着けてる以外は何も着けていないように見えましたから

もう一つはメンバー紹介のMC、普通は須藤元気さんがやるのでしょうが須藤さんはハンドマイクを持って現れただけ、須藤さん以外のメンバーは開演から閉演まで一言も発しませんから自己紹介をするわけでもなく…、
なんと客席の最前線列から女性のお客様を半ば強引に舞台に上げて、マイクを渡して自己紹介メモを読み上げさせるという(°_°)
結局これも演出だと最後にわかったのですが、中々茶目っ気のある演出でした。

やっぱり彼らは凄い、感動が残っているうちにCDやDVD引っ張り出して観たり聴いたりしないといけないと痛感した夜でした。
須藤さん語られるところの、ロストジェネレーションからの明確なメッセージを受け取れるようにならないと。

top_main.jpg



ツアー初日(?)のセットリストを上げている方がいらっしゃったので掲載しておきます。
01. THE HISTORY OF VOICE
02. IMPERIALISM
03. PERMANENT REVOLUTION ~
04. FIND THE LIGHT
  メンバーソロパフォーマンス
05. ~ CHANGE YOUR LIFE
06. A BRAVE NEW WORLD
07. BLUE BOUNDARY
  MC
08. MIND SHIFT
09. AQUARIUS
10. 2012
11. LAST DANCE
12. WORLD ORDER
13. MACHINE CIVILIZATION
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2014/02/25 22:30 ] ライブなど | TB(0) | CM(0)

Perfume Clips

2月16日、都内某所にてPerfume Clips視聴会なるものにお誘い頂き参加して参りました。

視聴環境が「Blu-rayディスクをプロジェクター投影による100インチ超の大画面で音響はプリメインアンプでスピーカーを鳴らす」というものですから、自分の普段の視聴環境より格段素晴らしいものでした。

実は、Perfume Clipsはコンビニ受取で発売前日の朝には入手できるように予約していたものの、出張とイベント参加等が連続し開封すらしていないままで、当日が初見だったのです。(苦笑)

既発作品とはいえ今まではPCやTV(それも32インチ)で見ていただけですから、画質とともにライブビューイング的な体験までできたのはとても貴重でした。

視聴し終わっての感想ですが、初期の作品は画質はDVDとさほどかわりませんが、中期以降の作品は肌の質感まで分かる高画質で特に暗めの部分の奥までわかる。特に大画面ですから凄いものでした。
ナチュラルに恋して、はPerfumeにはまり込むキッカケとなったMVですから三人の仕草や表情の可愛らしさが染み込む染み込むこと(^^;;

あとは何と言っても4倍速オーディオコメンタリー、三人がメインでPVはセンター下に小さく。
ただただラジオが好きなんですレィディオDVDといい、やってくれます(笑)

やっぱり大画面はイイなー、最低50インチないとBDの違いはわからないよ、と知り合いのPerfumeファンの方から言われましたがその通りでした。
プロジェクター買い換えようかな、それ以外は揃ってますからね。
またしても悪魔の囁きにさいなまれそうです。(笑)

[タグ未指定]
[ 2014/02/18 12:18 ] Perfume | TB(0) | CM(4)

聖誕祭見聞録

グレゴリオ暦1989年2月15日、黄金の国といわれ至上最高と言われる好景気に沸き立つ極東の島国で一人の女児が生まれました。
その女児はスクスクと育ち、幾多の困難、歓喜、涙涙涙、汗、その他諸々の経験を経て、天使、気になる姫、ぴったんこ、俺の嫁、などと称され四半世紀の生誕日を迎えたのでした。
その記念すべき日を言祝ごうではないかと国中(かどうかはわからないが)から幾千万(分の何人)が水の都商都大阪に参集したのでした。

というわけで、あ~ちゃん爆誕祭in大阪へ行ってまいりました。
当日は、日本国中とまではいきませんが近畿地方を中心に熊本、広島、愛知など「他人の誕生日を勝手にお祝いするってなんなん?!(喜)」と本人に言わしめるような活況ぶり。かく言う僕も名古屋から参加させてもらいました。

Perfumeファンになってから3年と少し、ブログやTwitterだけでなくリアルな顔見知りの方々も増え、LIVE後の飲み会にもお誘いいただけるようになりました。ありがたいことです。「3年で世界は変わる」ってdocomoのCMみたいですが、正にその通り(笑)

昨年は東京で同様のお祝い会がありそちらに参加しまして今回は縁あって大阪に来ています。

当日は少し早めに梅田の東急ハンズで買物を済ませ暇つぶしに大阪マルビルのスタバでスマホの充電&一服していると、階下のタワーレコード梅田店に参加者が続々集まってる様子のツィートが(笑)

その後本来の集合場所へ移動して向かった先は本日の会場。
店名が…



「あ~ちゃん爆誕祭」の内容は、いつものPerfume話、いくらやっても尽きません。この辺りは皆さんキモ、いや素晴らしい( ̄▽ ̄)

宴も最終コーナーにさしかかり突如現れたるこの物体*\(^o^)/*

原画はこたつねこ(大阪)さん


そしてエンディングには遠路はるばる駆けつけて下さったKenchanさんから全員にステキなプレゼントが(*^_^*)

会がハネた後は多数が二次会へ流れ込み気がつけば早朝。(笑)

いつもの事ながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。
幹事のクヌギィさん本当にありがとうございました。そしてKenchanさんプレゼントありがとうございました。

こたつねこさん始め、参加者の皆さんお世話になりました。
LIVE後の飲み会も楽しいけど、何かと理由を見つけてワイワイやるのも良いものです。
次はどこの宴会、じゃなかったLIVE会場でお会いできるのか、楽しみ尽きない会でした。

[タグ未指定]
[ 2014/02/16 12:13 ] Perfume | TB(0) | CM(2)

25歳からは前のめり

その昔、結婚適齢期なるものが喧伝されていて女性のそれは25歳が上限と言われていました。
僕の子どもの頃は「売れ残りのクリスマスケーキ」なんて揶揄されたものです。日本のクリスマス行事は24日のイブが最高潮でクリスマス当日の25日はクリスマスグッズの大処分日、もちろんケーキもしかりです。
だから25歳は嫁にいきそびれた売れ残りというわけです。

でも、現在は違います。女性の高学歴化も進んで25歳だと大学新卒で社会人になって3年目ですから、これからが伸び頃となります。藤原紀香、米倉涼子なんていう女優さんも25歳を過ぎてからブレイクしてますね。

そこで我らがPerfume、本日平均年齢25歳になりました。
一般的なアイドルというくくりで言われてしまうと25歳は大ベテラン、大人数グループだと卒業なんてして第二の芸能人人生を歩むことになる人が多いですよね。

でも「きらめく存在・心奪われる存在=アイドル」なら僕の中でPerfumeはまぎれもなく「アイドル」ですが、アーティストとして心酔している部分が大きいですから、一般的なアイドルとして当てはめて欲しくない。
それから言えば25歳なんてまだまだ、これから大輪の花を咲かせて欲しいし、できるであろうと思っています。

あ~ちゃん、「新25歳理論=25歳からどんどん伸びるよ!」を振りかざして進んでいって欲しいと思います。前のめりで貪欲に、楽しく、明るく、行きましょうよ。
老骨にむち打って熱烈応援し続けますよ。

お誕生日本当におめでとう。





[タグ未指定]
[ 2014/02/15 00:49 ] Perfume | TB(0) | CM(0)

プログレonクラシック

2月9日に年が明けて初のライブに行ってきました。
今回のライブ(というかコンサート?)はなんとクラシックでございます。

題して「プログレonクラシック」
プログレッシブロックの代表曲を交響楽団で演奏しちゃおうという面白い内容です。

今回のソロコンサートマスターである
荒井英治さんがやってる弦楽四重奏モルゴーアカルテットのキングクリムゾンの21世紀のスキッツォイドマン(今はこうしないといけないみたいで…)、はyoutubeで見て面白いなって思っていて記憶にありました。

フォローしてるプログレ関連のツィートがたまたまプログレonクラシックの内容を伝えていたので半ば衝動的にチケット取ってしまいました。(笑)

当日は週末豪雪の後でまだまだ路面は雪だらけ

クラシック
東京芸術劇場は池袋駅のほとんど目の前でアクセス便利。


セットリストは、
第Ⅰ章:キングクリムゾン 21世紀のスキッツォイドマン
キングクリムゾン エピタフ
ジェネシス ウォッチャーオブザスカイズ
ピンクフロイド 虚空のスキャット
イエス 危機
第Ⅱ章:ピンクフロイド クレージーダイアモンド
ゴブリン サスペリア
エマーソンレイクアンドパーマー タルカス

原曲はもちろん知ってる曲ばかり、
交響楽団で演るのを聴くのはモチロン初めて、(大河ドラマの平清盛で使われたタルカスはTVで聞いてますが)
演奏は原曲を結構なぞった形でしたが生楽器のチカラというか人力の迫力を感じましたね。
プログレは元々ジャズやクラシックの要素を取り入れてたりするので親和性は高いと思ってましたが、こんなアレンジで聴くのもイイかなと思ったのでした。

今回の企画はTV朝日開局55周年イベントの一環「なんでもクラシック」の一つ。第一章、第二章セットで8千円でしたが、高いか安いかはあなた次第ですね。

[タグ未指定]
[ 2014/02/11 00:13 ] ライブなど | TB(0) | CM(4)
プロフィール

yajioshow

Author:yajioshow
Perfumeに出会ったことが人生最大の衝撃!
まさにターニングポイント。ターンした後の余生がどれだけあるかわかりませんがPerfumeを主に好きなことを勝手に綴って参りたいと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。